離乳食 便秘

離乳食の頃は便秘になりやすい

離乳食が始まった頃は、赤ちゃんが便秘になりやすい時期でもあります。

 

ひとつは赤ちゃんの腸が母乳やミルク以外の栄養に慣れていないために、スムーズな排便ができにくくなっているためです。

 

また離乳食の開始によって、母乳やミルクを飲む量が減るために水分不足になり、うんちが硬くなって出にくくなることもあります。

 

さらに離乳食の時期は、赤ちゃんの腸内環境が大きく変化する時期でもあります。母乳にたっぷり含まれていたオリゴ糖の摂取量が減るために、オリゴ糖をエサとするビフィズス菌の勢いも弱まって、お腹の調子が整いにくくなるのです。

 

離乳食を食べる赤ちゃん

離乳食が進むにつれて腸が発達し、便秘も自然と解消することも多いようです。

 

それでも何度も便秘を繰り返していたり、赤ちゃんが苦しそうにしていたり、痔ができてしまっているようなときは離乳食のメニューでも、便秘に改善効果のある食品を多く含めることで早めに解消してあげたいですね。

 

離乳食期の便秘を改善するプレバイオティクス

 

プレバイオティクスとは、赤ちゃんがもともと腸内にもっているビフィズス菌などの善玉菌を元気にしてあげることを言い、お腹の調子を整える方法です。

 

プレバイオティクス機能のある食品成分としては、食物繊維やオリゴ糖があります。

 

ベビーフード

ですから、離乳食のメニューでもイモ類や豆類、海藻類など食物繊維の多く含まれるものを十分に含めてあげるのは大切です。それと同時に水分補給を十分にしてあげる必要がありますから、味噌汁やスープなどのかたちで食べさせてあげると理想的です。

 

ただ、離乳食の初期では含められる食材の種類が少ないですし、後期や完了期であっても食べられる量はどうしても限られてしまいます。

 

そこで、一番おすすめの離乳食期の便秘改善食品は粉末のオリゴ糖です。

 

粉末のものは純度が高いので、少しの量で効果を期待できますし、ミルクに混ぜたり、ヨーグルトに混ぜたりと子どもの飲みやすい方法で与えることができます。

 

離乳食期にオススメのオリゴ糖

 

離乳食の赤ちゃんにオススメのオリゴ糖食品が「カイテキオリゴ」です。
公式サイト
PC用公式サイトより

 

赤ちゃんの便秘に悩むママさんたちに絶賛されていて、口コミで広まり売上げも全国一位になった人気の商品です。

 

カイテキオリゴの人気の秘密は、赤ちゃんにも安心して与えられる純度の高いオリゴ糖であること、そして異なる種類のオリゴ糖を最適な比率でブレンドしているため、様々なビフィズス菌に働きかけて腸をとびきり元気にしてくれるということです。

 

公式掲示板には、毎日続々とママさんたちの喜びの声が集められています⇒カイテキフォーラム

 

カイテキオリゴについてのさらに詳しい情報は以下のボタンをクリックしてご確認下さい。

↓ ↓ ↓